公認会計士の活躍の場

公認会計士の資格をとり、活躍できる場としては、代表的な仕事は「監査」になります。数多くある企業の中で、株式を上場している企業、または資本金が一定額以上の大企業は、法律上における適切な経営をしているかどうか、第三者機関の監査を受ける義務があります。この監査役が公認会計士の仕事であり、企業の収入や支出等が記載された財務書類を調べ、読み解き、内容について間違いがないかチェックをする役割を担っています。外部的立場からの監査を受けることで、粉飾決算を防ぐことに繋がります。

公認会計士公認会計士のほとんどは監査法人に務めることになり、その業務は監査が中心となりますが、他にも公認会計士が求められる仕事はあります。企業の経営に対するアドバイスを行うコンサルティング業務もその一つであり、公認会計士である専門知識を生かし、経営戦略やコスト削減、多角的な見方によって様々な企業サポートを行います。このように、監査だけではなく一般企業の経営企画や財務部門で活躍している公認会計士は沢山おり、多角化するニーズに応え、様々な仕事が増えることが期待されています。公認会計士は税理士と同様に税に関する書類作成・手続きをすることが可能ですので、いろいろな業務ができます。